• ホーム
  • 早漏のコンプレックスを告白して楽になろう

早漏のコンプレックスを告白して楽になろう

早漏であることを女性に隠そうとすると、それが自分にとって苦痛となります。
そもそも意思に反してすぐに射精してしまうので、言い訳のしようがありません。
3分以内に射精をして、自分は絶倫だと言っても恥をかいてしまうでしょう。
自分が早漏であることは、パートナーに対して正直に告白したほうがコンプレックス解消になるのです。
素直に早漏がコンプレックスだと認めることで気持ちが楽になりますし、パートナーも気を使ってくれるようになります。
早漏の問題はデリケートなので、男性が告白しなければ女性としては言い出しにくいのです。
コンプレックスは治療をする以外に解消法はなく、治すことをしなければ一生逃げ続けるしかないのです。
コンプレックスは早くに告白をしてしまい、あとは具体的な治療法を見つけて実践していくべきです。

早漏であることを認めなければ、自己流の方法で一生懸命に頑張ろうとすることでしょう。
すぐ射精するのは根性が足りないと考える男性は多く、必死に我慢をして射精を遅らせようとしますが、射精とは生理現象なので我慢するのは簡単ではありません。
くしゃみを我慢するのが難しいのと同じようなものです。
早漏だと自分で認めることで、解決策を探すようになるものです。
SEXの2時間前に自分で抜いておこう、コンドームを厚型に変えてみよう、亀頭を強化するために常に包皮をむいておこう、などと色々な対策が思い浮かぶようになります。
一通りの方法を試して効果がない場合は、医療機関で治療を受けるのが一番です。
心因的な悩みや不安が原因で早漏を招いていることもあり、この場合は原因を取り除いていく必要があります。
現在は治療薬を使った治療も可能であり、手術以外にも対処法は沢山あります。